最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
このブログについて

管理者:miyabiy

島田市出身、静岡市在住です。島田市をより理解するため、このブログを始めました。

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------】 | Trackback(-) | Comments(-)
正覚寺大黒祭・星祭り
P1040477.jpg毎年、2月11日に本通1丁目の“正覚寺”行われる行事です。





P1040450.jpgP1040452.jpgP1040462.jpg

荒行を終えた荒行僧が、ふんどし姿で、お経を唱えながら冷水をかぶる儀式「水行式」がとても有名なイベントです。この「水行式」、“六根清浄”と“信力増進”のためだそうです。“六根清浄”、聞きなれない言葉ですが、調べてみると、仏教用語だそうで、なるほどな、って思うのですが、ここで一言でうまく説明できません(笑)。興味がありましたら、検索してみてください。

この「水行式」は 正覚寺の狭い境内の中央に5m×2mほどでしょうか。冷水を溜めた水槽が置かれ、10時からと、13時からの2回、時間とともに、お寺の本堂から、白衣を着た修行僧10名が、お経を唱えながら現れます。そして、ふんどし姿になり、なんども水浴びをするのです。その間もお経を唱え続けています。それを見ている観客(参拝者?)は、手を合わせてせ厄除けを祈願します。とても豪快に水を浴びるので、周りの観客にも水がかかるほどです。

このシーンは動画でご覧ください。(mpeg1,1.9Mバイト)

この荒行僧、昨年11/1から、今年の2/10までの100日間、“千葉県の日蓮宗大本山、中山法華経寺”の“大荒行堂”で厳しい荒行を終えたところで、“帰山”する儀式なのです。修行中は、朝の3時から始まり、1日に7度、このように冷水をかぶっていたそうです。

水行式が終わると、本堂に入り、「帰山式」が行われ、その後、家運隆昌と商売繁盛をお祈りする「大黒祭星まつり」が行われます。

実は、ここに行く前に、本通りで、この修行僧達は並んで歩いているのを見かけました。まさか、千葉県から歩いてきているわけはないでしょうし。どこから、どういうルートで、どういう目的で本通りを歩いているのかはわかりませんが、“帰山”という儀式の一部なのでしょうか。

データ
寺名日蓮宗 正覚寺(石上良秀住職)
山号成等山
住所静岡県島田市本通1-4704-1
電話番号0547-37-2994


場所

( 138.171909,34.831953 )

スポンサーサイト
[観光]イベント | 【2006-02-13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。